社会的常識+専門知識が身につく【産業看護師へ転職することのメリット】

社会的常識+専門知識が身につく【産業看護師へ転職することのメリット】

社会的常識+専門知識が身につく【産業看護師へ転職することのメリット】

産業看護師として勤務をすると、会社の一員、ひいては社会の一員という実感が病院で勤務しているころと比較してより強くもてるという話もしばしば耳にします。病院で勤務していると知らなかったビジネスマナーなどを学べるので知的好奇心が刺激されていいと感じる産業看護師もいます。たとえば、メールのやり取りをする時に「御社」とか「貴社」といった用語は病院でなかなか使わないのではありませんか?

 

また病院で勤務していると特に総合病院では、他のも多数の看護スタッフが仕事をしています。また基本的に医者から指示を受けながら勤務する形式になるので、あまり主体的に何かを考えて行動することは少ないです。

 

しかし産業看護師の場合、企業で医療の専門的な知識を持っているのはあなただけというシチュエーションも十分考えられるわけです。このため、より自分で考えて行動する機会も多くなりますし、適度な責任感を持って仕事に立ち向かえるのでやりがいを感じるという人も多いわけです。