同じ職場の仲間が少ない【産業看護師へ転職することのデメリット】

同じ職場の仲間が少ない【産業看護師へ転職することのデメリット】

同じ職場の仲間が少ない【産業看護師へ転職することのデメリット】

産業看護師はメリットが多いような感じがして、応募者も殺到する人気の案件ですが、デメリットもあることは認識すべきです。その中でも同僚がいなくなることの寂しさを感じる人は多いようです。病院勤務であれば、看護スタッフも多いですし、ほかの医療スタッフまでも含めるとかなりの数になります。

 

しかし一般企業に転職をすれば、看護師だけでなく保健師や産業医のような医療スタッフ全般まで含めたとしてもその数は少ないです。このため、医療に関する話や仕事の辛さを共感できるスタッフが少ないという所に精神的な心もとなさを感じてしまう人は多いです。

 

このような寂しさを払しょくするためには、ほかの会社の従業員と積極的にコミュニケーションをとることです。話をするように心がければ、従業員との間に信頼関係が構築されます。その結果、産業看護師として活動するときに動きやすくなるというメリットが期待できるわけです。仲間の少なさを克服できるかどうかは、産業看護師として活躍できるかどうかの鍵です。