情報量が少ないことのリスク【産業看護師へ転職することのデメリット】

情報量が少ないことのリスク【産業看護師へ転職することのデメリット】

情報量が少ないことのリスク【産業看護師へ転職することのデメリット】

病院で看護師として仕事をする場合、ある程度就職する前からどのような仕事をするのか、どういった職場なのかという具体的なイメージを持って仕事ができたはずです。なぜなら、看護学校にいるときに実習があるからです。この実習の時に、病院を訪れて仕事をするのである程度のイメージが固まります。

 

しかし産業看護師になった場合、一般企業に実習に出向くことはありません。看護学校で産業看護師の実習を行っている所は、おそらく皆無でしょう。このため、どういった仕事をするのか、どのような職場なのかというイメージがなかなかつきにくい所があります。

 

病院で勤務していれば、確かに仕事はハードかもしれませんがそれなりの収入を得て、安定した生活は送れます。この安定した生活を捨ててまで転職するだけの価値があるのかどうか、慎重に見極める必要があるでしょう。転職で後悔しないように、一時の感情だけでなく冷静に客観的に自分を見て判断してください。